今、なぜ、フランスのワーク・ライフ・バランス?
~フランスの家族政策の現状と新しい動き~

フランスにおいては、
「女性が働き続けること」と「女性が子どもを持つこと」が両立している。

○ 就業者数の男女比率は1:0.90(2008年)
○ 賃金の男女比率は1:0.88(2006年)でEUの中で最も男女差がない。
○ 合計特殊出生率は2.1で、EUではトップである。

なぜ、フランスでは、ワーク・ライフ・バランスが実現できたのでしょうか。

パンフレットダウンロード(PDFファイル)

講師 日本大学法学部教授 神尾真知子氏
日時 平成29年3月12日(日)14時~16時
会場 東京ウィメンズプラザ 1階 視聴覚室B,C【会場までの地図
(東京都渋谷区神宮前5-53-67 TEL:03-5467-1980)

・JR・東急東横線・京王井の頭線・東京メトロ副都心線
 渋谷駅 宮益坂口から徒歩12分
・東京メトロ銀座線・半蔵門線・千代田線
 表参道駅 B2出口から徒歩7分
・都バス(渋88系統)
 渋谷駅から2つ目(4分)青山学院前バス停から徒歩2分

*青山通り(国道246号線)オーバルビルの前の看板が目印です。

定員 100名
参加費 無料
主催 一般社団法人国際女性教育振興会・東京支部
問い合わせ 東京支部長 菅 敦子(TEL&FAX:03-3937-3604)
一般社団法人国際女性教育振興会 E-mail:iwea2@abelia.ocn.ne.jp