アルザフォーラム2017 ワークショップ
女性の視点で、防災・減災対策

「50年に一度の記録的な大雨・・・」といわれるような最近の気象は方々で異常事態を呈し、大きな災害へとつながってしまいます。そのような災害時の被災者から、男女のニーズの違いや生活者への配慮に欠ける等の声が聞こえてきます。
災害時に男女共同参画の視点で対応するためには、防災や減災の政策・方針決定過程に女性が積極的に参画していくことが必要なのではないでしょうか。
かつて、地震や豪雪、御嶽山噴火等の大規模災害時に女性の視点で対応をされてこられた、前長野県副知事加藤さゆりさんを講師にお迎えして、「防災・減災対策」「男女共同参画」についての講演をいただきます。
私たちが今、生活しているそれぞれの地域、社会において、女性の視点、生活者の視点を大切にした「防災・減災対策」について、できることは何か、共に考えましょう!

日時 平成29年11月18日(土)10:00〜12:30(受付9:30〜)
会場 男女共同参画推進センター アルザ新潟(万代市民館3階 307・308研修室)
講師 加藤 さゆりさん(前長野県副知事)
主催 (一社)国際女性教育振興会・同新潟県支部
共催 アルザフォーラム2017実行委員会・新潟市
申込先 〒951-8065
新潟市中央区東堀通13-3013
(一社)国際女性教育振興会 新潟県支部
ワークショップ事務局 斎川英子 宛
E-mail:mety0328@ma.tlp.ne.jp
TEL・FAX:025-228-8826
パンフレット・申込書ダウンロード(PDFファイル)
締切 平成29年11月11日(土)
保育 6ヶ月以上未就学児が対象です。
アルザフォーラム2017実行委員会事務局まで電話にてお申し込みください。(TEL:025-246-7713)
・無料
・15名まで(先着順)
・10月12日(木)より受付開始(受付時間・平日8:30〜17:15) ※受付締切11月10日(金)